ボトックスの副作用を避けるには【症例数が多いクリニックを選ぶ】

少しの注意で安全性アップ

医者と看護師

施術後の注意点

ボトックスはエラ張りやシワ等、筋肉が関係して起きてしまっているトラブルの解消方法として利用できます。筋肉に直接注射をして薬の作用で筋肉を委縮させる施術方法なのですが、治療後にいくつか気を付けておくべき事があります。例えば、注射を打った後は出来るだけ余計な刺激を与えないようにし、薬剤の拡散を防ぐ事も注意点として挙げられています。注射の中には、直ぐに患部をしっかりと揉むように指示される事も有りますが、ボトックスは揉んではいけません。薬剤が拡散してしまうと、薬の効果を期待していない部位にも薬が作用してしまい、余計なトラブルを起こす原因となり得るからです。また安全性は非常に高く、副作用の心配も殆ど無い注射として世界各国で利用されていますが、全く副作用が起きないとは限りません。もし何らかの変化があった場合、気にならない程度であればそのまま様子を見ていれば問題がありませんが、違和感を覚える場合は、一度受診する方が安心です。出来るだけ安全に施術を受ける為にも、治療後は何もなくてもそのまま放置ではなく、2週間くらい経過したら治療効果を見てもらう為に受診すべきです。そうすれば、どの様に薬の効果が出ているかということだけでなく、副作用が起きている時は適切な処置を受ける事も可能です。ボトックスはエラ張りの改善やシワ軽減の効果などが期待できる施術として、今や世界各国で行われています。とはいえ、まだその施術を受けたことが無い人にとっては本当に安全なのか分からないと心配になってしまう事も少なくありません。基本的には安心して施術を受ける為にも、利用するクリニックで十分説明を受け、分からない点は質問して解消しておくことが重要になって来ます。また、ボトックス自体は副作用が殆ど無く非常に安全な施術ですが、その方法によってはもしかしたら副作用が出るリスクが高まる可能性もあります。その一つが過剰に薬を注入してしまった場合で、その際、薬の作用が強く出てしまうと必要以上に薬の効果が出てしまうことがあります。注射を利用する方法と言うことから、どうしても薬を皮下に充填して効果を期待する方法と思われてしまう事も有ります。しかし実はボトックス自体は充填するタイプの施術ではなく、少量の薬を注入して、その筋肉萎縮作用で効果を期待する施術です。だから、充填して変化を期待するヒアルロン酸等を利用した方法とは全くアプローチ方法が違う事を理解しておくべきです。即効性はないので、薬の効果があるか不安になるかもしれませんが、変化は大体2,3日後から出てくる物なので、まずはどの様に変化して行くかその様子を観察します。

Copyright© 2018 ボトックスの副作用を避けるには【症例数が多いクリニックを選ぶ】 All Rights Reserved.