ボトックスの副作用を避けるには【症例数が多いクリニックを選ぶ】

一過性の症状がほとんど

注射器

正しく利用すれば安心です

最近ボトックスによる美容整形が人気ですよね。短時間で施術でき、痛みも少ないため気軽にトライできます。しかし、副作用が気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。この記事を読むとボトックスの副作用について詳しく知ることができます。ボトックスとはボツリヌス菌から精製されるタンパク質で、医療の現場で斜視や顔面麻痺の治療薬として使用されています。アメリカでFDA認定も受けている、非常に安全性の高い薬です。しかし、稀に薬に対する感受性の高い方に副作用が認められます。主な症状は、筋肉の脱力や発疹、注射部の痛みなどです。これらの症状はほとんどが一過性のもので、症状が強い場合でも薬の効果が弱まるに従って消失します。ボトックスはおよそ半年ほどで緩やかに効果が無くなりますので、それに伴い副作用も無くなるということですね。しかし、もし何らかの症状は現れた場合は、医師の診察を受けると安心です。ボトックスは美容整形では10年以上使用されており、医療の現場ではもっと前から使われてきました。これまで重篤な副作用の報告はありませんので、あまり心配し過ぎる必要はないでしょう。施術実績の多いクリニックを選び、事前にきちんとカウンセリングを受けるようにすると、より安心です。副作用についてこれまで述べてきましたが、ボトックスにはそもそもどのような効果があるのでしょうか。ボトックスは美容整形において、眉間や目尻などのしわの改善による若返り効果や、エラの改善による小顔効果などがあります。しわの改善では、気になる部分にボトックスを注入することで表情筋の過度な収縮を弱めます。それにより深く刻まれたしわが目立ちにくくなります。また、同時にヒアルロン酸やコラーゲンを注入するとよりピンと肌が張るため、効果が長持ちし、しわの定着を防ぎます。エラの張りの改善では、エラが張り出している部分にボトックスを注入し、咬筋という筋肉を萎縮させます。筋肉が縮むことで、フェイスラインがすっきりして小顔になるのです。特に人気があるのはしわやエラの改善ですが、その他にも、筋肉が張り出して目立つふくらはぎの改善による美脚効果や、笑った時に歯茎が露出し過ぎるのを改善する効果、ワキ汗抑制効果などがあります。いずれの症状の改善においても、施術後数日で効果が現れ、徐々に改善します。そしておよそ半年ほどで緩やかに効果が消失します。ボトックスは副作用が出にくく、簡単に高い効果が期待できるため、何度も施術してその効果を保つ人が増えています。

Copyright© 2018 ボトックスの副作用を避けるには【症例数が多いクリニックを選ぶ】 All Rights Reserved.