ボトックスの副作用を避けるには【症例数が多いクリニックを選ぶ】

手軽なエイジングケア

看護師

表情ジワを軽減

男性であれ女性であれ、加齢とともに目立ってくる顔のシワに悩まされている方は少なくないでしょう。エイジングケアを謳ったスキンケア製品がたくさん出回っていますが、効果の高さと即効性を期待するのであればボトックスがおすすめです。目じりや眉間などのシワが気になる部分にボトックスを注射するだけで、数日後にはその効果があらわれ始めるという手軽さから人気に火がつきました。ボトックスには筋肉の動きを抑制する働きがあり、表情筋が過剰に動くことで生じる「表情ジワ」に、特に有効だといわれています。美容分野で使われるようになって10年以上が経ちますが、その歴史はさらに古く、もともとは眼科や神経内科の分野で治療薬として用いられていたものです。そのため、これまでの治療データが蓄積されており、安全性が高く、重度の副作用を心配することなく気軽に利用しやすい施術ともいえるでしょう。しかし、効果の程度には個人差がありますので、薬の効果が予想を上回って強く出てしまった場合には次のような副作用が見られる場合もあります。主なものは、全身の脱力感や注射部位の痛み・発疹などで、通常は薬の効果が弱まっていくにつれて回復します。もしも症状がひかずに長く続くようなら、担当した医師にすぐに相談しましょう。良いクリニックを探す際のポイントとして、ボトックスの施術経験を豊富に持つ医師が在籍していることがあげられます。ボトックスは注射を打つだけの、一見すると簡単な施術に思われがちですが、打つ場所や量を誤ってしまうと顔の表情が不自然に歪んでしまう危険性もあるのです。施術を担当する医師は、解剖学の知識はもちろんのこと、表情の使い方や皮膚の質なども考慮したうえで、正しい位置に適切な量を注入する技術が求められます。また医師の経験値によっては、薬の効き目が出すぎたために起こる副作用を防ぐことにも繋がるかもしれません。それから、そのクリニックで働いている医師やスタッフが自分自身の美容のためにボトックスを愛用しているところは、さらに安心感が増すことでしょう。副作用がひどくて効果もあいまいなものであれば、クリニックのスタッフが好んで施術を受けるわけがありません。また、ボトックスの効果も副作用についても身をもって体感しているため、スタッフたちから実体験に基づいた具体的で有益な情報を聞くこともできるでしょう。数ヶ月毎に施術を行うことでその効果を継続できるのがボトックスの特徴でもあり、何でも相談しやすく通いやすい雰囲気のクリニックを選ぶことが大切です。

Copyright© 2018 ボトックスの副作用を避けるには【症例数が多いクリニックを選ぶ】 All Rights Reserved.